見本

発売元/トミー  価格/不明


トミーから発売されていたレツゴーならではの手帳。…手帳と呼んでいいものかどうかも怪しいところがありますが、分類するならやっぱり手帳だろう、多分。これもブーム後に値下げされたものを購入したので正確な価格は不明。

付属の紙には2つ穴が空いており、システム手帳を真似したような雰囲気。ただしシステム手帳よりはかなり大きめ。カレンダー、メモ帳、ミニ四駆のデータ記入用紙、時間割表など、小学生がミニ四レーサー気分で使う手帳、といった感じです。写真左端の黒いのがバインダー部分で(赤いのは販売時に付いている帯)、中央が手帳用の紙(けっこうたくさんあります)、右端は付属のシールと定規を兼ねたゲージ。バインダーの大きさは約11cm×18cm。

トミーから出されたレツゴー関連の文具(これを文具と呼んでよければですが)の特徴は、何かしらミニ四駆に関連のある内容が常に盛り込まれているところですね。普通の手帳やノートにただミニ四駆を印刷してあるのではなく、「ミニ四レーサーにとって役立つ?」みたいな「機能」が入っているところが一味違います(実際に役立ったかどうかはともかくとして^^;)。ここにバトル鉛筆に見られるような玩具と文具の合体という現象がしばしば見られ、この時代の男の子文化の特徴がよく表されていると思います。


戻る