レツゴーには「布」もありました。ミニ四駆やキャラクターが印刷されたもので、種類もいくつかあったようです。布は他のグッズと違って、購入者が加工して初めて使えるようになるものなので、「自分だけのオリジナルレツゴーグッズ」を作ることができる貴重な逸材です。手作り派なら、カーテン、バッグ、座布団カバー、各種袋物…と工夫次第で日用品からインテリアまで身の回りのあらゆるものをレツゴーづくしにできるという、夢のような生活ができます。

この手のキャラクター布の本来の用途(目的)は、幼稚園の通園バッグや体育館シューズ入れ、子ども部屋のカーテンなどで、購入対象は幼児~小学校低学年の子どもとその親です。そのため、普通一般の家庭から見た作品の人気度を示すバロメーターにもなります。需要のないところに商品は生まれないので、レツゴー布の存在は、レツゴーが各家庭で普通に人気のあった作品であったことの証にもなっていると思います。


*図柄をクリック/タップすると画像が開閉します*
(JavaScriptはonにしてごらん下さい)

図柄 コメント 発売元 価格

WGP
左が青地の布。右がジーンズ地の布です。柄はどちらも同じです。マシンやキャラにまじってロゴも入っています。

(烈、豪、
ハリケーンソニック、
ビートマグナム、
ネオトライダガーZMC、
スピンコブラ、
プロトセイバーEVO、
バックブレーダー、
オメガ、
アイゼン2軍マシン、
ネイティブ・サン、
ホワイトナイト)  
WGPが終わってMAXが始まった頃に偶然見つけた思い出の布です。手持ちの有り金全部はたいて店にある10数メートル全部買い占め。数日後再びお金を補充し、残りの布も買えるだけ買ってきたという、典型的な大人買い状態でした(笑)。記録が分からないため価格は不明ですが、キャラ布は普通の布に比べると割高です。

2種類あって、図柄は同じですが色違い。大量の布はまず子ども部屋のカーテンになり、押入れの襖もレツゴー布に取り替え、部屋中レツゴーカラー一色に模様替え。色違いを利用して、兄弟お揃いでバッグやリュック、座布団カバーなどをいっぱい作りました。残った布は私の手作り奥様バッグの隠れ裏布に(笑)。デザインもいろいろ工夫して、他の布とも組み合わせてみたりして、財布や保険証入れ、クッションとオリジナルレツゴーグッズを山ほど作って楽しみました。

見本はその中のリュックです。小さい時は兄弟お揃いで背負ってくれた思い出の手作りグッズです。図柄の全体像は分かりにくいですが、雰囲気は伝わるかと思います。

布のみみに「このプリントは契約により商品化して販売することは禁じられております」と書いてあります。家庭内での私的使用のみを前提(目的)とした商品ですね。
不明 不明
SGJC?

(烈、豪、リョウ、二郎丸、藤吉、マシンは不明)

情報提供いただいて、その存在を知った布。WGPではないようです。キャラクターがたくさん載っていたようです。マシンもあるのではないかと思いますが、詳細は不明。

この他にも柄違いがあったそうなので、レツゴの布は数種類存在していたようです。

*情報提供:ユウ様 多謝!m(_ _)m
不明 不明
SGJC

(烈・豪・リョウ・藤吉・黒沢、
セイバー、Vマシン、
トライダガーX、
スピンアックス、
ブラックセイバー)

これも情報提供いただいて、その存在を知った布。写真で情報をいただいたので、図柄の正確な種類がよく分かります。ありがとうございました!

なんとキルティング地もあったんですね。キャラやマシンはSGJCですが図柄はそれぞれ違います。レツゴの布もこんなに多くの種類があったとは驚きです。レツゴの人気度を改めて知らされた思いで、ファンとしても嬉しい限りです。

写真および詳細情報は烈くん展示室でご覧下さい。

*情報提供:バンビ様 多謝!m(_ _)m
不明 不明
SGJC(キルティング地)

(烈、豪、リョウ、二郎丸、藤吉、黒沢、ファイター、
セイバー、トライダガ-X、
スピンアックス、
ブラックセイバー)

不明 不明

戻る