ここではノート以外の紙冊子類・ぬりえとかスケッチブックなどをまとめてみました。現在当サイトで確認できているものは、ぬりえ・スケッチブックが各1種類ずつ。もっとバリエーションがあってもおかしくないように思いますが、これ以外でも確認できたものがあれば、随時ここに追加していきたいと思います。

ぬりえは昔からある子どもに定番の遊びですが、一昔前のものと比べるとなかなか豪華な作りになっていますね。WGP最初のオープニング・エンディングの歌詞が載っていたり、迷路やパズル、カラーグラビア頁もあるというサービスぶり。レツゴーグッズとしても貴重なものですが、この年代(1997年頃)のぬりえ本の特徴もよく出ていて、子ども文化を知る資料としても貴重なものだと思います。


*製品名をクリック/タップすると画像が開閉します*
(JavaScriptはonにしてごらん下さい)

製品名 コメント 発売元 価格
たのしいうたつき ぬりえ タイトル通り(笑)。WGP最初のオープニング・エンディングの歌詞が載ってます。その上カラーグラビア頁、迷路、パズルコーナーもあるという充実ぶり。しかし一番のポイントは、やっぱり高見絵に忠実にトレースされたぬりえ部分でしょう。子ども向けですが、アニメファンも持っていて損はない1冊。

内容は烈・豪&ビクトリーズ中心ですが、アストロレンジャーズも出てきます。WGP初期にあわせて作られたようです。

トミー 200円
スケッチブック A4よりやや大きめサイズのスケッチブック。他のサイズがあったのかどうかは分かりません。図柄は烈・豪・ハリケーンソニック・サイクロンマグナム(WGP仕様)。

ぬりえのようにある程度頁数があると、キャラも複数出てきますが、絵の載るスペースが表紙1枚のみ、みたいに限られてくると、必然的に烈・豪・ソニック・マグナムに絞り込まれるようですね。やっぱり主役は主役!であります。

トミー 250円

戻る