レツゴーにはハンカチもありました。我が家で入手できたのは3種類。1つは市内の百貨店で購入した幼児・児童用ハンカチ。子どもの下着売り場の一角にセーラームーンなどと一緒に置かれていました。

もう1つはてれびくんの全員プレゼントでもらったバンダナ。ただし大きさは通常のハンカチとして使用して差し支えないサイズでした。幼児の手には少し大きかったかもですが、お弁当箱を包むにはややサイズ足らずな感じでした。

ここまでは子ども向けですが、アニメ終了後(MAX放送時)にムービックからアニメファン向けのバンダナも発売されました。それぞれ販売対象が違うので、これも比較してみると面白いグッズです。

この手の絵が中心のグッズ類には、「販売対象にもっとも人気のあるキャラクターが印刷される」という共通項があります。そのため、どの層にどういうキャラが人気だったのかが正直に一目瞭然になっているという、ある意味怖い(笑)グッズでもあります。写真はいずれも家で使用中のものなので、洗濯負けして多少くたびれたりよれたりしているものもありますが、雰囲気は伝わるかと思います。


発売元/不明

*種類をクリック/タップすると画像が開閉します*
(JavaScriptはonにしてごらん下さい)

種類 図柄 コメント 販売元(入手先)
ハンカチ1 烈、豪、
ハリケーン、
サイクロン、
ネオトライダガーZMC
サイズ:約30cm×30cm

市内の百貨店でごく普通に購入。子どもの手にはちょうどいい大きさで、明らかに実用目的のハンカチ。

図柄は主役2人とマシンが中心。やっぱり烈と豪とソニック、マグナムですよね。トライダガーも主役に次いで人気のあるマシンだったようですね。

絵はハンカチの構図に合わせて描き起こされたものと思われるが、高見氏の原画をトレスしたような感じで、この手のグッズにしては上出来です。WGPであることに注目。
百貨店
(価格/不明)
(メーカー/不明)
ハンカチ2 烈、豪、
ハリケーン、
サイクロン
爆走バンダナ
TYPE-1
烈、豪、
ハリケーン、
サイクロン
サイズ:約42cm×41cm

てれびくんの企画でもらったバンダナ。そのため、多少小学館とタミヤの意向が入っているかと思われます。子どもに人気のあったというよりは、小学館とタミヤが売りたかったキャラというべきでしょうか。

図柄の配置で気がつくのが、キャラの扱いが非常に小さいということです。烈と豪はいますが、申し訳程度で、スペースのほとんどをミニ四駆が占めています。てれびくんの編集方針がよく分かるグッズ。

子どもに一番人気だったのはやはりマシンなのだなと再認識させてくれるグッズですが、上のハンカチではキャラとマシンが対等な大きさになっているので、主役2人も子どもたちには大きな存在であったことが分かると思います。

今となっては非常に貴重なグッズだと言えると思うので、使わずに保存しておけばよかったなと少し後悔中…。
てれびくん全員プレゼント
(小学館/非売品
爆走バンダナ
TYPE-2
烈、豪、
ハリケーン、サイクロン、
ネオトライダガーZMC、
ビークスパイダー、
ブロッケンG、
レイスティンガー、
ファイターマグナムVFX、
ブラックセイバー、
スピンコブラ、
プロトセイバーEVO.
バンダナ 烈、豪、J、藤吉、
リョウ、二郎丸、
ブレット、
カルロ、
ミハエル、
シュミット、
エーリッヒ
サイズ:約55cm×54cm

ムービックからアニメファン用に発売されたバンダナ。これは大きいです。さすがにこの大きさではハンカチとしては使えないので、バンダナとして使用するしかないでしょうね。

こちらは上二つと違って、ムービックで独自にデザイン・デフォルメして描き起こしたと思われるイラストが使われています(ハンコと同じ図柄です)。しかもキャラの配置は…。

マシンがありません。人物のみ! 上二つとあまりにも違いすぎるぞ、編集方針! しかもビクトリーズ5人衆+二郎丸は当然としても、外人キャラが5人混じっています。つまり彼らなんですね、WGPの人気キャラって…(^_^;。ある意味、その正直さが怖いバンダナ…。
ムービック(価格/700円)

戻る