全27種類(ノーマル仕様21種類+プリズム仕様6種類)

発売元/アマダ サイズ/B6よりやや大きく、A5より小さい


★レビューと考察★


情報提供いただいてその存在を知ったカードです。 大き目のトレーディングカードということで、B6よりやや大きく、A5よりは小さいと不思議なサイズのカードだったようです。この大きさだと子どもの手にはけっこう大きかったんじゃないかと思われますが、どんなふうに遊んだのでしょうね。

駄菓子屋さんで入手されたものだそうです。1枚1枚紙の袋に入っているそうで、やっぱり集めて楽しむものだったのでしょうか。まとめ売りの袋でも絵柄の全種類制覇はできない構成になっていたそうで、この辺はトランプなど他のレツゴー製品と共通の商法ですね。

写真情報はなく、カード個々の絵柄の詳細が分からないので、どの時期に発売されたのかまでは分かりませんが、発売元がアマダで商品構成のしかたから推測すると、やはりSGJC時代のものだったのでしょうか 。入手されたものはPART2ということなので、PART1も存在したと思われるのですが、詳細は不明です。

どちらにしろ、レツゴーには本当にいろいろな種類のグッズがあったのだなあとあらためて感慨深かったです。まだ知らなかった情報が入るたびにレツゴーの人気ぶりがしのばれてファンとしては嬉しい限りです。



種類 構成 備考 価格
ばら売り 1枚ずつ 1枚ずつ紙袋入りになっており、封はされていなかったようです。 50円
まとめ売り 35枚1束 1束セットの内容は、ノーマル仕様32枚+プリズム仕様3枚。1束まとめ買いをしても全種類制覇は不可能という商品構成になっているそうです。
その他、商品本体のカードとは別に「アタリ!もう1枚」と書かれた小さい紙(バスや鉄道の整理券くらいのサイズ)が封入されているものがあるそうです。アイスの棒の「アタリ!もう1本」と同じような感じらしいです。

この商品は、1枚1枚個別のパッケージ(紙袋)には単価もバーコードも記載されておらず、代わりにまとめうり用の表紙にそれらの情報が記載されていたそうです。ということで、ばら売りだと1枚50円ということのようです。

 

*情報提供:えーふ様 ありがとうございました!^^

戻る